受付時間:平日 9:00~18:00

03-6753-0948

お問い合わせ
言語 : 
SprutCAMロボット
産業用ロボットCAMのご紹介

SprutCAM ロボットは、1つの統合パッケージに、産業用ロボットのオフラインプログラミングとロボットシミュレーションソフトウェアが含まれるCAD/CAMです。
ツールパスはネイティブの6軸以上の軸コードで計算され、5軸から6軸に変換する必要はありません。
衝突検知、特異点回避、ワークゾーンの制限検出など、ロボットに特化した総合的な機能がに対応し、産業用とボットのプログラミングワークフローを一つ上のレベルへ押し上げます。




◆ 特徴


工具パス作成

産業用ロボットのための3Dモデルパート加工のパスは全ての加工方法を使って作成され、特定のロボット運動学の計算で従来のNC加工機用に適用されます。


加工シミュレーション

制御プログラム生成の過程で、加工シミュレーションが実行され、制御プログラム生成の段階で、異なる種類の問題の発見が可能です。(衝突、ガウジ、ロボットのジョイント動作の許される領域の突破、切削パスや早送り横断の場合の特異なエリアなど)


ポストプロセッサー

ビルトインされたポストプロセッサジェネレーターは、どんなメーカーの制御システム用のポストプロセッサの作成、編集、調整をも可能にし、加工に関係する移動軸の数から独立しています。


対応ライブラリ

FANUC、Kuka、Staubli、Yasukawa Motoman、TOSHIBA、MITSUBISHI、Nachi、ABBなど



◆ メリット


ロボットの休止期間短縮

オフラインプログラミングによりロボットの休止期間は短縮され、コスト削減を実現します。


直観的な操作性

直観的で習得しやすい操作性により、プログラミングを勉強するよりはるかに早く使いこなせます。


簡単に軸が追加可能

ロータリーテーブルを持つロボットセルのプログラミングがすごく簡単にできます。


自動化

衝突しない動きの自動検索と最適化機能を備えています。


リアルでネイティブ

リアルなマシンシミュレーションと検証に加え、ロボットのネイティブNCコードを生成します。


ワークフローの統合

ツールパス計算、最適化、シミュレーション、ポスト処理を一つの環境で実現します。